万葉集 現代語訳 巻二挽歌171~176草壁皇子、舎人たち①

草壁皇子の宮の舎人たちが泣き悲しんで作った歌二十三首
 ※「舎人=とねり」天皇、皇族などに仕えて雑務や警護をした者。
171 高光る我が日の皇子の万代(よろずよ)に国知らさまし島の宮はも
 ※枕詞:高光る

    私たちの日の皇子が
    もしこの国を末永く
    お治めになっていたならば
    ああこの島の宮殿よ

    
172 島の宮上(かみ)の池なる放ち鳥荒(あら)びな行きそ君いまさずとも
 ※「荒びな行きそ」〈な~そ〉禁止、~しないでほしい。

    島の宮の上池で
    放し飼いする鳥たちよ
    そんなに荒(すさ)まないでくれ
    君はおいでにならないが

    
173 高光る我が日の皇子のいましせば島の御門は荒れざらましを
 ※枕詞:高光る

    私たちの日の皇子が
    ご存命でいられたら
    島の御殿はこのように
    荒れることはなかったろう


174 外に見し真弓の岡も君ませば常(とこ)つ御門(みかど)と侍宿(とのい)するかも
 ※「侍宿」宮中や役所に宿泊して勤務すること。宿直。

    気にも留めずに見ていたが
    皇子がおいでになる今は
    真弓の岡を永遠の
    御殿と思って宿直(とのい)する

175 夢にだに見ざりしものをおほほしく宮出(みやで)もするかさ檜(ひ)の隈廻(くまみ)を
 ※「おほほしく」形容詞連用形、心が晴れない。
 ※「さ檜の隈廻」〈さ〉接頭語。〈檜の隈〉奈良県明日香村檜前(ひのくま)。〈廻〉~を通って。

    夢にも思わなかったよ
    これほど心を曇らせて
    檜の隈道(みち)を宮殿へ
    のぼることになろうとは


176 天地(あめつち)と共に終へむと思ひつつ仕へまつりし心違(たが)ひぬ

    天地が終わるときまでも
    お仕えしようと思いつつ
    これまで仕えて来たのだが
    ついに願いは叶わない



[PR]
by sanukiyaichizo | 2017-05-20 00:00 | 万葉集巻二 | Comments(0)