万葉集 現代語訳 巻二挽歌167~170草壁皇子、柿本人麻呂

草壁皇子の殯宮のときに、柿本人麻呂の作った歌
167 天地(あめつち)の 初めの時の ひさかたの 天の河原に 八百万(やおよろず) 千万(ちよろず)神の 神集(かむつど)ひ 集ひいまして 神(かむ)ばかり はかりし時に 天照らす 日女(ひるめ)の命(みこと) 天(あめ)をば 知らしめすと 葦原の 瑞穂の国を 天地の 寄り合ひの極み 知らしめす 神の命(みこと)と 天雲の 八重かき分けて 神下(かむくだ)し いませまつりし 高照らす 日の皇子は 飛ぶ鳥の 清御原(きよみ)の宮に 神(かむ)ながら 太敷きまして 天皇(すめろき)の 敷きます国と 天の原 石門(いわと)を開き 神(かむ)上がり 上りいましぬ 我が大君 皇子の尊の 天(あめ)の下 知らしめしせば 春花の 貴からむと 望月(もちづき)の たたはしけむと 天の下 四方(よも)の人の 大船の 思ひ頼みて 天つ水 仰ぎて待つに いかさまに 思ほしめせか つれもなき 真弓の岡に 宮柱 太敷きいまし みあらかを 高知りまして 朝言(あさこと)に 御言(みこと)問はさず 日月の まねくなりぬれ そこ故(ゆえ)に 皇子の宮人 行くへ知らずも
 ※枕詞:ひさかたの、高照らす、飛ぶ鳥の、大船の、天つ水
 ※「殯宮」読みは〈あらきのみや〉〈もがりのみや〉。貴人を正式に埋葬する前に、死体を棺に納め
  て安置しておく仮の宮。
 ※「知らしめす」お治めになる。
 ※「葦原の瑞穂の国」日本国の異称。
 ※「神の命と」貴い神として。
 ※「いませまつりし」〈いませ〉サ行下二段動詞〈います〉の連用形、お行かせになる。〈まつり〉
  謙譲の補助動詞〈まつる〉の連用形、申し上げる。〈し〉過去の助動詞〈き〉の連体形。お行かせ
  申し上げた。
 ※「太敷きまして」立派にお建てになって。立派に統治なさって。
 ※「敷きます国と」統治なさる国として。
 ※「神上がり上りいましぬ」〈いまし〉サ行四段動詞〈います〉の連用形、おいでになる。神として
  天へ上っておいでになった。
 ※「たたはし」〈湛はし〉形容詞、満ち足りている。完全無欠だ。
 ※「つれもなき」なんのゆかりもない。
 ※「真弓の岡」奈良県明日香村真弓。177、179の歌では〈佐田の岡辺〉と詠われ、奈良県高市
  郡高取町佐田の丘陵に草壁皇子の墓かと考えられてきた古墳が二基ある。一キロほど南だが、〈真
  弓の岡〉は〈佐田の岡辺〉までを含む地名だったか。
 ※「あらか」御殿、宮殿。語源は〈在ら処〉。
 ※「高知りまして」立派にお建てになって。
 ※「まねく」形容詞〈まねし〉の連用形、数が多い、たび重なる。

    天地の初めの時のこと
    高天原の河原には
    八百万から千万の
    神が次々集まって
    熟議に熟議を重ねられ
    天照大神さまが
    天の原をお治めに
    なることになり葦原の
    瑞穂の国を天と地の
    寄り合う遠い果てまでも
    治める神の御子として
    八重に重なる雲分けて
    天の神が地上へと
    お降ろしになった日の皇子の
    子孫の天武天皇は
    明日香清御原の宮に
    神のご意志で宮殿を
    お建てになって天皇の
    お治めになる国とされ
    天の岩戸を開かれて
    天に昇ってしまわれた

    我が大君の草壁の
    皇子が天下を治めれば
    春には花が咲くように
    世は栄えることだろう
    傷ひとつない満月の
    ように満ち足りるだろうと
    国のすべての人々が
    頼んで待っていたのだが
    どう思われたか縁のない
    真弓の岡に柱立て
    殯宮(もがりのみや)を造られて
    朝のお言葉聞くことも
    ないまま月日が過ぎて行く
    それで皇子の宮人は
    途方に暮れているのである

    
反歌二首
168 ひさかたの天(あま)見るごとく仰ぎ見し皇子の御門(みかど)の荒れまく惜しも
 ※枕詞:ひさかたの

    はるかに天を見るように
    仰ぎ見た皇子の宮殿が
    荒れてゆくかと思われて
    それが無念でならないよ


169 あかねさす日は照らせれどぬばたまの夜(よ)渡る月の隠らく惜しも
 ※枕詞:あかねさす、ぬばたまの
 ※「照らせれど」〈照らせ〉は〈照る〉の尊敬語〈照らす〉の已然形。〈れ〉は存続〈り〉の已然
  形。お照らしになっているが。
 ※「日」は天皇をさす。「月」は皇子の喩。
 ※「隠らく」〈隠る〉のク語法、隠れることが。

    日は照らしてくださるが
    夜空を渡る月はもう
    隠れてしまいそのことが
    とても無念に思われる


ある本の歌
170 島の宮勾(まが)りの池の放ち鳥人目に恋ひて池に潜(かず)かず
 ※「島の宮」奈良県明日香村島庄にあった草壁皇子の宮殿。もと蘇我馬子の邸宅。
 ※「潜く」貝や海藻などをとる目的で水に潜る。

    島の御殿に造られた
    勾りの池の放ち鳥
    今は人の目恋しくて
    池に潜ろうともしない



[PR]
by sanukiyaichizo | 2017-05-19 00:00 | 万葉集巻二 | Comments(0)